タイトル上




アトピー肌の赤ちゃんに効果的な保湿ケアや塗り薬はないかと検証した結果

うちの子はアトピー性皮膚炎だ。
医者からはそう告げられている。

アトピー性皮膚炎としは、症状は軽いほうみたいだが、乾燥肌レベルとしてはひどい方ではないだろうか!?

生まれてすぐでる。乳児湿疹もすごかった。

びっくりするくらい湿疹がでて、痛々しく思えてしまうほうどだった。

オレ
でも心配することはないです。それなりに改善します。

今回は、子ども(0~3才)のアトピーや乾燥肌で心配している世の親に書いている。

うちの子の実体験をもとに書いているので参考程度にしてください。

スポンサーリンク

乳児湿疹そして、アトピー性皮膚炎

16_0203a

この写真は生まれて1か月程の写真です。乳児湿疹がひどく、顔中から汁があふれ出ていました。

赤ちゃんはかゆいとか言わないですが、すごくかゆいみたいで、目を離すと顔中を引っかいてしまい傷になるためミトンをずっとしていました。

生後2か月

16_0203b

アトピーではないと思っていましたが、医者からはアトピーと診断されました。

生後3か月

16_0203c

いつも顔が腫れていて、塗り薬で顔がテカテカな日々。

ほっぺをすりすりとかしたことがありません泣

生後4ヶ月

16_0203d

肌の調子のいい時と悪い時の差が激しかった頃(この写真でいい方です。)

この頃も常にミトンをしていました。

ミトンをしてないと顔をかいて血だらけになる始末。

皮膚は薄く、再生した頃に、かいて血をだし、また回復するといった繰り返し。

生後5か月

16_0203f

この頃になるときれいなお肌の日も多くなり、少し安心し始めました。

ただし塗り薬やミトンは毎日必須。

生後10か月

16_0203e

だいぶ良くはなってきていますが、ちょっと気を抜くとすぐに悪化してしまいます。

顎をかくみたいで常に流血している状態でした。その他の箇所も部分的に荒れています。(体も含む)

特に冬は乾燥で肌全体が悪化します。

赤ちゃん特有のすべすべ感はなく、全体にざらざらしていました。

その後、1才6ヶ月くらいまで肌が荒れては、かいて血だらけになるということを繰り返していました。

2才10ヶ月

現在は、顔が赤くなる程、荒れたりすることはなくなりましたが、冬の時期は手足の節や指の関節などが荒れます。

16_0205a

塗り薬はお風呂上りに、部分的に塗るくらいです。

小児科の塗り薬は効くのか!?

赤ちゃんのことならまず、小児科に連れて行くと思います。

別に間違っていません。一般的だと思います。

小児科では、基本的に血液検査をして塗り薬を処方されます。

塗り薬は、ロコイド軟膏とプロぺドだと思います。

ロコイド軟膏は、ステロイド剤なので皮膚の炎症を抑えます。

ただしステロイド剤は毎日塗り続けることはできないので、ひどい時に塗ります。

ただ、状態がひどいと毎日塗りたくなります。逆に毎日塗っても効き目があんまりないように感じます。

プロぺドは、ワセリンです。

保湿ですね。

乾燥した時、かき壊し防止などに一日に数回塗っていましたが、皮膚がベタベタになるのが気になります。

そして来る日も来る日も医者の言うことを信じ、薬を塗りますが効果がないように感じてきます。

オレ
だんだん効力が薄くなってきている!?

そして、段々疑問になってくる小児科の塗り薬

あまり症状が改善しないので、1か月くらいで再診に行っても、また同じ塗り薬をだされだけ。決して小さくない容器に入っているので、1ヶ月くらいでは全然余っているのにだされる塗り薬。

段々、小児科は、薬をだしてるだけに感じてきます。

そして肌の調子が悪い子もアトピーの子も同じ処方箋で出していることに気づきました。

それって、本当に効くのだろうか!?

赤ちゃんでも肌のことは肌の専門家に!

皮膚トラブルの専門家といば、皮膚科ですね。

皮膚科も3件くらい通ってみましたが、最終的に無茶苦茶評判のいい皮膚科に行きました。(待ち時間が半端ないということで、ずっと敬遠していました)

結局、その評判のいい皮膚科に言ったらすぐに改善していきました。

皮膚科というのは評判で腕が決まってくる業界みたいです。

この評判というのは、先生の診察レベルと塗り薬の処方レベルで決まる。

そう!的確な診断と薬の処方力

的確な診断とは、先生の経験や知識によるものです。

そして、その診断に基づき、一人一人にあった塗り薬を医院で処方していることが大事です。

的確な診断と経験から、独自で処方した塗り薬がよく効くことが、いい皮膚科の条件だと私は思います。

ちなみに、皮膚科でも処方箋だして、薬は薬局ってパターンがあります。こういう皮膚科は期待できません。

うちの子は、評判のいい皮膚科で処方された塗り薬をつけるようになってからすぐに肌が改善されました。

今ではすっかりよくなったので、肌の調子が悪い時だけ診察に行っています。

保湿ケアを徹底する

ある程度改善されたら家庭での対策とケアが大事になります。

私の場合は、皮膚科の塗り薬とソンバーユ、スキナベーブ、イオニートを併用しています。

ソンバーユは、馬油です。

アトピーの子には、馬油が効くと耳にしたことがありませんか!?

うちの子も馬油を何種類か試した結果、「ソンバーユ」が一番効きました。

馬油はワセリン的な使い方をします。

皮膚の上に油膜を張って保護するのがワセリンで、馬油は乾燥している皮膚へ浸透して保護します。

プロペドではなく、アトピー肌なら馬油を試してみてください。おススメです。

もう一つの対策は、スキナベーブです。

これは赤ちゃんの沐浴剤ですね。

お風呂上りは肌が乾燥してしまいますが、スキナベーブを入浴剤にして入ることで乾燥がましになりました。

これも結構いいと思っています。

また子どもと一緒に入るので、親の肌も乾燥から守れます。

超オススメ!!イオニートの「バン イオンローション(ミネラルイオン活性水)」

これはマジおすすめです!

『イオニート』って聞いたことありませんか?

市販では中々、売っていないので知らない方も多いと思います。
よく売れているのがシャンプーです。

イオニートのシャンプーの説明

市販のシャンプーは、汚れと一緒に髪や頭皮までもを溶かしてしまいますが、イオニートのシャンプーは植物エキスと酵素の作用で、汚れだけを分解して髪と頭皮をいたわりながら、優しく洗い上げます。

またダメージ毛の修復や健康な頭皮・髪の成長に必要なタンパク質と食生活で不足しがちな20種類以上のミネラルを補給してくれる優れモノです。髪を生成す酵素の働きを活性化してくれます。

「髪を洗いながらパックする」贅沢なシャンプーなのです。

さらに刺激の強い原料と有害な旧指定成分を使用していないなので、アトピー性皮膚炎や敏感肌には特にオススメ!アレルギーを引き起こす指定成分は使用していませんので、皮膚科医も推奨する低刺激タイプです

私は抜け毛予防のために10年くらいイオニートのシャンプーを使っています。
これのおかげで35才現在、まだハゲてないと思っていますwww

上記の説明の通りアトピーにも効果があるので、このシャンプーで子どもの頭も身体もすべて洗っています。

シャンプー1本で子ども肌ケアと旦那のハゲ防止ができてしまいますwww

さらに今回、おすすめしたいのはイオニートシリーズの「イオニートナチュティエッセンス」です。

お風呂上がりは、肌の乾燥が気になりますよね!?
そこで効果的なのが、イオニートのナチュティエッセンスです。
顔だけでなく身体、髪にまで使える日本初のエッセンス。

これは同じアトピーで悩む親から超オススメということでプレゼントしてもらいました。

人にプレゼントできる程のオススメ品って魅力的ですよね!?

これをお風呂上りに身体全体に吹きかけるだけでOK!
スプレータイプなので使用も楽です。

楽天での評価も高いです。

16_0610a

ちなみにうちの子には効果が出ています。

アトピーに悩んでいるなら絶対おススメです。

5,000円くらいしますが、これでアトピーがよくなれば安いものです。

シャンプーもおすすめ!

まとめ

肌の調子が悪ければ、小児科より皮膚科に連れて行ってください。これは絶対です!

特に一人一人に合った塗り薬を独自に処方してくれる医院がいいです。

その配合が抜群なら一撃で改善しますので、近所で評判いい皮膚科がないか探してみてください。

あと医者から処方されているもの以外も取り入れてください。

特に保湿ケアはとても大事なことです。

これはどれが効くかは、色々と試さないとなんとも言えませんが、絶対に自分の子にあった商品は見つかります。

とりあえず何を試したらいいのか分からない場合は、私のオススメ商品から始めてみてください。

最後に

乾燥肌でもアトピーでもきっとよくなりますので、焦らずに!

おしまい