タイトル上




会社を辞めたいなら辞めればいい。辛い仕事、しんどい人間関係とはオサラバ

ども!鼻うがいにはまっているです。

先日、仕事の合間にふらっと立ち寄った本屋さんで、気になるタイトルの本があったので読んでみたらおもしろかったので紹介したいと思います。

読んだ本はこれ
『ちょっと今から仕事やめてくる』
16_0210a
内容を少し紹介しますね。

あらすじ

ブラック企業に新卒で入った主人公は毎日毎日、仕事に追われ、仕事をする意味も人生の意味もわからなくなっていた。

満員電車に揺られ、営業の数字に追われ、部長に叱られ、帰って寝るだけの生活。

そんな生活を続けた結果、死んでしまおうと電車のホームに飛び込もとする。
そこへヤマモトという同級生が彼の腕をつかみ飛び込みを阻止する。

そこからヤマモトを通して人生が変わっていく。
最後は、本のタイトル通り、会社を辞めるというストーリーである。

今回は、本を通して思ったことと自分の体験と重ねて書きます。

今、仕事が楽しくない、辞めたいと思っている人は是非、本を手にとってほしい。

スポンサーリンク

オレが会社を辞めようと思った理由

オレもこの本の主人公と同じ経験したことがある。

同じように新卒でブラック企業に入社した。
朝は就業時刻より30分早い、8時半出社。

毎日、朝礼でする意味の分からない声出しをし、ひたすらアポ掛けをする。ようやく入ったアポに飛び込む営業。

そして100万円くらいする商品を即決させる(-_-メ)

夜は21時退社、家に帰って寝るだけ。当然、土曜日も仕事。ボーナスもない。

そんな会社で約3年を過ごした。

こんな会社を選んだオレが悪いのは百も承知だが、ダマされた感も半端ない。

最初は、仕事に夢も希望もあった。だが段々、会社への不信感が大きくなり、情熱はなくなった。なんのために仕事をしているのか分からくなった。
それでも新卒で入った会社だからという理由だけで、会社にしがみついていた。

1年目に辞めようと思い上司に辞めたいと相談したこともあったが、1枚も2枚も饒舌な上司に丸めこまれ、会社を辞めれなかった。

いや、意志が弱かっただけと言えばそうなる。

どこか後ろめたく、どこか負け組のような気がして、ちっぽけなプライドを振りかざしていた。

今、思えば本当に懐かしい日々でこうやってブログで紹介できるが、本当にあの頃は死んでいた。顔に英気もなければ、気力もない。誰ともしゃべりたくなかった。

ただただ週1回の休みを待ちわび、死んだようにパチンコにその金を使った。

そんな暗黒の3年間をこの本を読んで思い出した。

結局、オレは3年になろうかという時に会社を辞めた。

理由は、転勤勧告だった。

会社にも仕事にも魅力を感じていない上に、見知らぬ地に行ってどうすんのって?思ったら、線が切れた。

転勤先では出世し、給料も上がるって話しだったが、どうでもよかった。
もしろ転勤してその地で慣れてしまったら、また辞めれないと思ったし、中間管理職なんてある意味、奴隷まっしぐらだと感じた。
これは完全にタイミングだと思い、辞めることを決意した。

上司や同僚からの引き止めもあったが、そいつらも全員辞めたいと思っているような人間だったので、何も心に響かなかった。

滑稽なものだった。

もしこの本のようにヤマモトという人物が登場していれば、オレの人生はもっと早い段階で変わっていたと思う。

本の紹介「ちょっと今から仕事やめてくる」

はっきり言って2時間もあれば読める。
正味しんどくても2時間くらいは時間を作って欲しい。

だって人生変えたいって思ってんだろ!?

後悔しても時間はかえってこない

そう。オレはブラック企業を辞めるまでに3年という月日がかかった。

それから10年経っても、あの時間は無駄だったと思うし、後悔している。

たらればの話しになってしまうが・・・

もっとしっかり就活をしていれば・・・

もっと早い段階で転職しておけば・・・

人生変わっていたのではないだろうか!?

だがしかし、そんなことを考えても仕方がない。

過ぎさったその3年は帰って来ない。

決して一人になってはいけない!

『ちょっと今から仕事やめてくる』では、仕事に夢も希望もなくなり、友達とも家族とも疎遠になっていき、ただ毎日を消化試合のように過ごしてしまう。そして自殺まで考えた主人公の前に突然、ヤマモトという人物が登場し、少しずつアドバイスをしながら、主人公を陰から陽へ変えていく。

でも現実はこんな人間がいきなり目の前には現れない。

だからこの本を読むといい。

病んでいるお前のことをヤマモトが想ってくれているように感じる。

もし今仕事のことで死ぬほど悩んでいるのに、この本を読まないなら、誰かに相談するべきだ。

友達、彼女、親兄弟。誰でもいい。

決して、一人になってはいけない。

仕事がおもしろくない、辛いなんて思っているやつは掃いて捨てる程いる。

決して辞めることはカッコ悪いことでも負け犬でもない。

新しい人生へのスタートにしか過ぎない!

人生は一度きり自分の人生は自分のもの

この本では最後は仕事を辞めるという結末で終わる。詳細は本を読めばいいが、仕事を辞めるきっかけとなるセリフがある。

『人生は誰のためにある?』

オレのブログのタイトルと一部かぶるとこがあるが、人生は自分で切り開かなければならない。

人生は誰のためにある?なんて聞かれたら大体の人は「自分のため」と答えるだろう。

そう。それで正解だ。

だから「人生は自分のもの」と答えられるのであれば、限界だったら会社なんて辞めちまえ!

辛い思いをして、鬱になりそうで、死にたいなんて考えてるなら、後先考えず今この瞬間辞めちまえ!

どんなにがんばっても喜ぶの会社であり、社長でしかない。

お前の代わりなんているし、辞めても誰も迷惑しない。

そりゃ、2週間くらいは社内的に混乱を起こすこともあるだろうが、その程度だ。

最後の最後に周りのことなんて考えるな。

自分のことだけ考えればいい。

最後に

もしオレも新卒3か月でこの本に出会っていたら、瞬殺で辞めていただろう。

かっこも意地も張る必要はないと思う。

結局、3年間しんどいしんどいと思って働いた会社は今はもうない。

現実はそんなものだ。

会社は潰れ(休眠状態)、社長は逃げたらしい。だがしこたま金を持っているという噂も聞いた。

オレがあんなにがんばって働いていたのは、テメーの肥やしを増やすために働いていたのか思うと怒りがこみ上げてくる。

今にもスーパーサイヤ人になりそうだ!

だから会社のために必死に働いても仕方がない。

適度な距離感と余裕をもって仕事に取り組んでほしい。

人生を自分のために、自分を豊かにするために働いてほしいと切に願う。

そのためには納得した会社で働くか、独立するしかない。

とりあえずブラック会社にへばりつくことだけは辞めて欲しい!!!!!

おまけ)仕事を辞めたら・・・

もし勢いで仕事を辞めてしまっても心配しなくもいい。

多少の蓄えと実家があればなんとかなる。

もし実家が遠くて、貯金がない場合は役所に行って相談すればいい。

とりあえず住民税も健康保険はタダ同然になる。

後は日当払いで無申告でいける派遣バイトを週3回くらいすればいい。

まぁーグレーだがいける。

その後、雇用保険をもらえば、大かた半年くらいは時間がある。

その間にじっくり考えればいい。

ただニートにはなるのは負け犬だと思う。

あと会社を辞めようと思っているなら転職サイトには登録しておいた方がいい。

辞めようか迷っているなら絶対だ!登録して他の会社を見てみると今働いている会社がいかにクソかが分かる。

他の会社を見ると、一刻も早く辞めたいと決意しやすくなる。(隣の芝生は青く見えるだけ!?)

転職の場合、リクナビnextやDODAに登録すると担当者がつく。

その担当者が親身になって相談に乗ってくれる。

てか、転職させて初めて彼らの成績になるので、担当者も必死である。面接のロープレや履歴書の書き方など実に丁寧に教えてくれる。

だから今も今後も考えたらまずは転職サイトに登録するといい。

もちろん転職ではなく独立もありだが、ハードルが上がるので、よっぽどのビジョンがない限りは辞めといた方がいい。