タイトル上




家を購入の時期と理由は「結婚したから」「子どもができたら」で正解

16_0409

「結婚したから」「子どもができたら」という理由で家の購入を検討する人は多いですよね。

これが普通だと思います。

ネットを見ていると、このタイミングでの購入は辞めておいた方がいいという意見もありますが、はっきり言ってバカじゃないかと思います。

では、なんでバカだと思うのか説明したいと思います。

スポンサーリンク

「結婚した」「子どもができた」を理由に家を購入することは間違いだという意見に物申す

否定意見は大きく分けて2つ

1.早くに購入した場合、家族構成は考えているか?

2.頭金ゼロでローンを組むのは危険ではないか

1.早くに購入した場合、家族構成は?

【私の意見】

家族構成なんて今の時代、ほぼ3人か4人ですよね。
未来の家族構成を考えないで家を購入する人はいないと思います。

もちろん家族構成を考えて家を購入したが、子供ができないケースもあると思います。
その場合、部屋が余るかもしれませんが、狭いよりいいでしょ!?

そんな、もしものことばっかり考えていたら何もできないと思うので、決心してください!

これっぽちの度胸があれば家なんて誰でも買えます。

2.頭金ゼロでローンを組むのは危険

【私の意見】

頭金ゼロで何が悪い!?

ところで頭金っていくら貯めるんですか?

3000万の家を購入するなら1割の300万は最低持っていた方がいいなんて聞きますが、諸費用で消えます。

じゃー頭金として500万くらい払って、家具一式を揃えるなら、最低800~1000万くらい必要ですよね。

結婚してから1000万貯めるの何年かかりますか!?

否定派の意見では子供が小学生に上がるタイミングで購入するという意見が多いですが、この場合なら5、6年ですよね。
5、6年で1000万

年に200万貯金していくことになりますよね。

そうなると独身時代にどれだけ貯金しているかが、かなり肝心になってきます。

独身時代の貯蓄がない場合は相当、嫁さんの協力がないと貯めれないと思います。

そんな頭金貯めることを考えるより、早くに購入して少しでもローンの返済していくほうがいいと私は思います。

ただし頭金なしでローンを組む場合は、ローンの返済額やその他の支出についてはよく考える必要があります。

「結婚したら」「子どもができたら」家を購入した方がいい理由

まず今の時代、晩婚化していますよね。

女性は29歳、男性は31歳が平均初婚年齢と言われいます。

子作りをすぐにして、小学生になる頃だと男性は36歳か37歳

36歳でローンを組んだ場合、フラット35だと71歳に完済

いやいやしんどいでしょ。

じゃー60歳までに払い終えようと思ったら24年でローンを組まないといけないです。

この場合は月額の返済額が大変。

これまたしんどいでしょ。

そんなことを考えたら少しでも早くローンは組んで返済していった方がいいと思わないでしょうか!?

早くに結婚したら頭金貯めるとか悠長なこと言ってられますが、晩婚化している今、年齢も考慮しなければなりません。

賃貸はもったいないと考えている
家を購入しようと思っている人は、賃料がもったいないって考えますよね。

そう思うならすぐに家を購入した方がいいと思います。

私は完全に賃貸もったいない派です。

家を購入するか賃貸にするか | メリットとデメリットを考えてみる

まとめ

これらの結果。金利も低い今の時代、家を購入しようと思っているなら、さっさと探して購入した方がいいと思います。

もっと言ったら「結婚した」「子どもができた」を理由に家の購入を考えるより、離婚するかどうかを考えた方が現実的だと思いますwww

日本は3組に1組は離婚します。

あなたは該当しませんか?

私の友達で家を購入して1年経たずに離婚した奴がいます。

訳ありで売れないらしいので、もう5年くらいローンと今の住居の家賃を払っています。

もうこんなんなったら半ピコものです。

だから離婚しそう予備軍は家は購入しないでください。

絶対に!

ラブラブ夫婦で転勤がなければ、いいところ探してさっさと家を購入してください。

以上!