タイトル上




大阪で築30年の激安中古マンションを購入した4つの理由

16_0527a

やっはろー!34歳です。

暑くなってきましたねー。

オレ
もうあたい溶けちゃう(;´Д`A

若い頃は断然夏派でしたが、年々しんどくなってきたなと・・・30越えたら日差しがイタイですわ。

ほんまに夏にスーツ着るとかマジ死ねるからね。

オレ
誰かリーマンの短パンを浸透させてくれ~

リーマンの短パンの話しはここまでとしてwww

今回は、去年中古マンションを買った理由を書こうと思います。

これから家を購入しようか検討している方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

中古マンションを選んだ4つの理由

1.住居スタイルとエリアから選択する

まず住居の形態とエリアから探すのが一般的ですよね。

●住居スタイル
1.新築一軒家

2.中古一軒家

3.新築マンション

4.中古マンション

5.賃貸

6.満喫難民

+

●エリア・環境

まずこの条件から絞ると私が欲しいエリアで新築一軒家は無理と判断しました。(資金とローンの問題)

買えたとしても敷地が縦長で、同じような建物が並んでいるような家しか買えないでしょう。

オレ
こんなのはいらない。

中古一軒家は、まじでいいのがないです。基本ぼろいです!それかちょっと立派で新築より高い物件が多い気がします。

中古の場合、土地だけと考え、建物は作り直すくらいの感覚じゃないといい家は手に入らないと思い断念しました。

次に新築マンション。

探しているエリアで駅近の物件がなかったためあっさり断念しました。マンションは駅近の方がいいからね。

そうなってくると、中古マンションか賃貸になります。

関連 家を購入するか賃貸にするか | メリットとデメリットを考えてみる

で、私は賃貸よりは中古マンションを選択することにしました。

2.返済額から考える

上記の理由からみると、消去法みたいですが、ちゃんと理由はあります。

まずはローンです。

マンションの場合、ローン以外に修繕管理費が必要になります。

一応、修繕管理費は月2万円と設定します。一軒家ではないので駐車場代が必要になるため、さらにプラス1万5千円と設定します。

(大阪市内はマジ駐車場代がクソ高いんじゃボケー!)

この時点で既に3万5千円がローン以外に必要になります。

月々10万円以内にしたいので、ローンはMAX6万5千円と設定します

ちなみに頭金なしで、月々返済が6万5千円の35年ローンを組んだ場合、2500万円くらいの物件が限度みたいです。

オレ
決して無理はしたくないんだよ!←ここ重要

そうなると頭金がないので2500万以下の物件が妥当になってきます。

3LDKで2500万の新築マンションなんて、大阪市内でまずないでしょ!?

仮に一軒家を選択し、修繕費や駐車場代をかんがえず、10万のローンを組むなら3200万くらいまで可能になりますが、かつかつ過ぎます。

※ローンを組める限度は、人によって異なります。また金利は0.55くらいで考えています。

これらを考慮すると、必然的に2500万までの物件になりました。(泣笑

3.中古マンションの魅力

もし中古マンションを購入するなら、築2~5年以内の物件がいいと考えるかもしれませんが、もし築5年以内で駅近物件なら新築時の価格とほとんど変わりません。

逆に築5年以内で売られていて、あまりにも安くなっていたら、何か良からぬ理由があると考えた方がいいのかも知れません(-_-メ)

じゃー5年以内はあきらめて、せめて築10年、いや2000年以降に建てられた物件なら・・・と考えるのではいでしょうか?

はっきり言いいますが、築10年~20年くらいはほとんど価格が一緒です。

かなり安くなってくるのは築25年以降の物件になります。もっと言うなら平成以前で昭和57年~平成元年くらいの物件です。

これくらいになると最安値で設定されているケースも多いです。

新耐震基準に適合(新耐震建築物)していない昭和56年6月以前に着工した物件は、もっと安くなるがやめておいた方がいいと思います。

中古物件を嫌う女がネック

ローンを払う身としては、安い方がいいに決まっています。でもネックになるのが嫁です。

女は古いものを嫌います。

古い物件は、間取りも設備も古いし、外観だって古いです。オートロックすらないマンションもあります。

こんな物件を女は良しとは言いません。

でもこの難関を越えなければなりません。じゃないと築浅なマンションか新築になります。

築10~20年の物件・・・

大阪市内で言えば、築10~20年くらいの3LDKのマンションが、2500万円前後で売られています。

この2500万円くらいの物件には何の魅力もないと私は思います。

無茶苦茶きれいでもないし、間取りも設備も普通。外観も普通。

オートロックがついているくらいです。

ほんまに現状回復のリフォームをした程度です。

オレ
ほんまにこれ分譲ですか?賃貸じゃないんですか?

って聞きそうになります。

2500万円くらいの中古マンションは何もかもが中途半端です。でも価格はそれなりです。

ただローンも組みやすいので、妥協しやすい物件です!

オレ
それでいいんですか?魅力を感じますか?

家を購入するのに妥協はやめた方がいいです。妥協するくらいなら賃貸に住む方がマシだと思います。

だから2500万前後の中古マンションなんてクソでしかないんです。

4.リフォーム&リノベーションを前提に考える

上記の話しを踏まえて、築30年くらいの物件を買ってフルリノベーションすることを考えてみませんか?

大阪市内でも築30年くらいのマンション(3LDK)なら、大体1000万~1500万円くらいで買えます。

1500万円の中古マンションを購入し、800万掛けてフルリノベーションしたとしましょう。

合計2300万ですね。

築10~20年のなんの魅力もないマンションも2300万だったら、外観は少し古くても中は何もかも新品で自由な間取りに設計できるマンションの方が魅力的だと思いませんか!?

●魅力的なリノベーション例をまとめているサイト(goodリフォーム.jp

goodリフォーム.jpでリノベーションした例を見てくれましたか?

これみたら現状回復程度のリフォームをした家なんていらなくないですか!?

リノベーションもやり方や業者の探し方、助成金、補助金を利用すれば、費用は安くできます。

関連 【家の購入・リフォームの助成金や補助金まとめ】役所に申請すればもらえるお金を紹介

関連 【リフォーム代の最大65万円を補助】中古マンションや中古戸建てを購入するなら今!

関連 【予算300万円】中古マンションを買って、安い費用でフルリノベーションする方法

築30年の中古マンションを購入

実際、私は築33年の中古マンションを800万で買い、400万掛けてフルリノベーションしました。

たった1300万で中身は新品のマンションが手に入りました!

キッチンは最新の食洗器付、風呂も180cmの一軒家サイズ、間接照明でオシャレにし、壁の一面の色を変えたり、壁紙を好きなものを選びました。マンションって収納が少ないので収納は多くし、下駄箱も大きくしました。さらに床も子どもが小さいのでクッションフロアーにし防音対策をしています。

すべて自分たちが想うがままにリノベーションをして、1300万円です。

外観は古いですが、中身は最新の新築マンション以上の造りです。

まとめ

確かに中古マンションって聞いて、ひびきはよくないかもしれません。

そりゃー、新築がいいのは当たり前です。

金があれば、タワーマンションにでも住みたいものです。

でもそんなマンションを変えるのはごく一部の人だけ!!

凡人は金がないので賢い選択をしなければなりません。

じゃー築年数の古いマンションを安く買ってリノベーションすればいいんです!

中身はデザイナーズマンションにできます。新築以上に自分の理想の家ができます!!

それでも新築がいいなら、どうぞどうぞ(・。・;

保存