タイトル上




【子育て】イヤイヤ期ってこんなんですか?

15_0515b

我が家の2歳の息子はイヤイヤ期全盛期である。

「ごはん食べよかー?」

「ぃやー」

「お風呂はいろかー?」

「いや」

「歯磨きしよかー?」

「いやいや」

「そろそろ寝よかー?」

まだ寝るかボケ!いやいやいや」

スポンサーリンク

2歳のいやいや期は半端ない

困ったものである。何でも最初は拒否。いやいや攻撃である。

最初はいやいやにも付き合えるのだが、段々こっちも腹立ってくるんですわ。

親と子どっちが先に折れるかの勝負になり、9割息子が勝つという始末。

いやいや言って、言うこときかない場合は強制作戦にでる。

「お風呂はいろかー?」

「いやいや」

3分後・・・

「そろそろお風呂いこかー?」

誰が行くかボケ!いやいやいや」

こんなやり取りを何度もしてると疲れてきてね。

最終的には強制的にお風呂に連れて行くんですわ。

ほんだら、固まって服を脱がされへん。腕あげてよ

無理くり脱がす。

泣く。

大きな声で泣く。

泣かれるともうバンザイですわ。

そして大概反撃してきます。

大体周りにあるものを投げまくり、ころがる。テレビの画面をどつきまくる。

嫁を叩く。(そこはもっといけ)

落ち着くまで放置。

なんなんでしょうね。こっちが優しく言ってるのに、息子は怒ってキレる。

でも最後には「パパー」って言ってやってくるんです。

パパーって泣きながら来られた。

しゃーないなーってなるやん。

完全に息子の勝ちである。息子に踊らされているオレ。

トホホなパパである。

さて、この状況を嫁に置き換え想像してみた。

なんか言えば嫁にいやって言われる。

いやだけで済むか?小言も2、3発言うだろう。

悪夢である。

嫁がころがって駄々をこねる。

痛い痛すぎる光景だ。げーでる。

多分、オレはノイローゼになるか、胃腸炎になる。いや血便もあるな。

あーこわこわ。

そう考えれば、2歳の息子のいやいやなんてかわいいものですな。

てか、こんなアホな想像はやめておこう。