タイトル上




【パチンコやスロットをやめたい】ギャンブル依存症を克服する3つの方法

テレビを見てたら、ニュースな晩餐会という番組でギャンブル依存症について取り上げられていた。

最近では、カジノ法案がどうちゃらこうちゃら。

現在ギャンブル依存症は、500万人ちょっといるらしい。

依存はしていないがギャンブルをする人は約1000万人。12人1人の割合いらしい。

まず、この番組を見てオレはギャンブル依存症なのか考えみた。

オレは、高校生くらいからパチンコ屋を出入りしている。かれこれ20年近くスロットやパチンコをしてきた。

これはやっぱり「ギャンブル依存症」なのだろうか!?

オレ
オレは病気か!?

多分、違うと自分では思っている。

依存症ではない。ただのギャンブル好きだと。よく言えば、ギャンブル愛好家である。(勝ち組だからw)

スポンサーリンク

自分がギャンブル依存症じゃない理由

とりあえず、自分がギャンブル依存症なのか、どうかから考えることにしてみます。

・生活費を使ってまで、ギャンブルはしない。当然借金などは論外

・休みの日は家族を優先。どんなに熱いイベントだからと言ってもパチンコに出掛けたりしない

・そもそも打っててもおもしろいとは思わない。金を増やす1つの手段としか考えていない。当然、毎月の収支はプラス

・パチンコ屋はすべて潰れてもいいと思っている

・競馬は遊び。宝くじ感覚で購入(競馬は負けている)

こんな感じでオレはギャンブルと付き合っている。

特にパチンコやスロットは、時間つぶしと即金を増やす手段でしかない。

もちろん、やるか、やらんかに関して言うなれば後者の方が健全だろうが、手軽に金を増やす手段としては、パチンコやスロットほど簡単なものはない。

逆に増やせないなら、やめる。家族を養うのには、金も時間み無駄でしかない!

なぜギャンブルをやめられないのか?

パチンコ依存症の場合で紹介しますね。

1、当たる興奮を脳が記憶してしまっており、それをまた味わいたいと思う。

2、ギャンブル以外で興奮しなくなる

3、時間を有効的に活用できていない

4、ストレスの発散

5、目先の金しか見ていない

1、当たる興奮

一度、大当たりすると興奮してしまい、また体験したくなるそうです。

オレ
確かに!

オレも始めたころは、大当たりに興奮し、連チャンに心が高ぶった!

そして金がジャンジャカ増える喜び!

もう脳汁全開だった。

2、ギャンブル以外で興奮しなくなる

この症状は、ギャンブル好きには多いのではないでしょうか?

休みの日に、「遊びに行こう」って誘われても、パチンコに行きたいから断ったりしていませんか?

こうなっていると結構、重症化していますよ。

3、時間を有効活用できない

暇になると何となくパチンコ屋にいってしまう人は依存症ですね。

そう考えるとオレも依存症ですが、最終的には「ギャンブルをなぜするのか」という考えや信念があれば、ギャンブル依存症でも時間は有効的に使えると思います。

朝から晩までダラダラ打ってる人やパチンコ優先で約束に遅れたりする人は、ダメやつです。

もし暇つぶしで打つなら、5スロ、1パチをするべき!

4、ストレスの発散

まぁーこれもあると思うが、パチンコやスロットってストレスが溜まることの方が多いように個人的には感じます。

スロットで天井手前でクソボーナスが当たったり、パチンコのSTでスルーだったり、激アツという演出を外したりと理不尽なことだらけです!

それでも一瞬の大当たりに快楽を覚えてしまい、負けていることやギャンブルで抱えたストレスを発散してしまうんですよねー。完全にマヒ状態です。

5、目先の金しか見えていない

ギャンブルで勝った金って、昔から言うように泡銭なんですよね。

確かに即金で金が増えることって言えば、パチンコ・スロットですよ。でも9割の人が負けますから。今日行って5万勝っても、明日行って6万負けたら、結局負けです。

1ヶ月単位、1年単位で収支考えれるなら、依存症であったも勝ち組にはなれます。

ギャンブル依存症を克服・治療法

こればっかりは、人から言われたり、外来(医者)に行ったりしても治らないと思います。

治すのは、圧倒的な自分の意思か、金で地獄を見るしかありません。

治療方法1

パチンコならパチンコ屋にいかない。競馬なら馬券を買わない。

これしかないです!!

ダイエットと一緒です。ダイエットの最もいい方法は、食べないことです。

本当に痩せたいなら、健康的に痩せたい、楽しく痩せたいとか考えず、とりあえず食わない!それかバランスを考えた徹底的な食事制限をする。大体デブのやつは、炭水化物や糖質を取り過ぎやからね。

それと同じでギャンブルの克服は「行かない」「打たない」「買わない」です。

それに必要なのは強い意志だけです!

でもこの考えが難しいんですよねー

オレも今まで何度もやめようと思ったけどやめられませんでしたがね・・・

オレ
パチ屋が街から消えればいい!

治療方法.2

パチンコで勝てるとか、小銭を増やしたいという考えを捨てなければなりません。

俺は違う!みんなみたいには負けないなんて思ってるやつ程、負けています。

所詮、平で打てば、9割は負けるのがパチンコの世界です。

お前たちは、パチ屋からしたらカモでしかなく、消費者金融のお得意様なんです。

パチンコは負けるものだと強く認識することが大事です。

その1万円あれば何できますか?

治療方法.3

なぜギャンブルがしたいのか、よくよく考えなければならないと思います。

そんなに金も時間も使ってパチンコをしたいのですか?

金も時間も湯水のように使えるというのであれば、一向に構わないですよ。

でもそんなやつは、せこせこパチンコなんてしません。(金持ちほどケチ)

お金も大事ですが、時間の方がもっと大事だいうことに気づかない限り、パチンコなどのギャンブルはやめれません。

時間はお金では買えませんよ。

その大事な時間を浪費し、ギャンブルに興じ、金をなくすなんて、大馬鹿だと気づいてください。

ほんまに20年前に戻って、ギャンブルを始めた自分を全力で殴りたいといつも思いますもんね。

ギャンブルはやめず勝ち組になればいいという考え

勝ち組になることで見えてくることがあります。確かにオレもスロットにおいては勝っていますが、ギャンブルを進める気はまったくありません。

まず何でギャンブルをするのかはっきり言えます。目的が明確です。だから、

「なぜスロットするのか?」と聞かれたら、『お金を増やすためと断言します!』

この考えを明確に持ってギャンブルをできるかということが大事です。

もちろんギャンブルをする人は全員こう答えると思いますが、実践できている人は少数です。

ギャンブルで勝っている人は、長い目で勝負ができます。今日5万負けても「だから何?」って程度です。まず感情的になりません。それと勝てる台しか打ちません。また勝つためにそれなりに努力もしています。

だから徹底的に自分を管理できるなら、勝ち組を目指せとは言いませんが、勝ち組になれます。

でも!パチンコ・スロットなどは辞めるべきです。

20年くらいパチンコ・スロットに時間を使ってきましたが、思い返してみて「金」が増えたこと以外、何も糧にはなっていません。ほんまにパチンコ屋で過ごした時間って無駄でしかないと思っています。人間関係だって閉鎖的な世界です。

そして何よりも金持ちになりたいなら、パチンコ・スロットでは限界があります。

だって天井見えてますから。月間100万勝っても、年収1000万程度でしょ?

確かに1000万稼ぐって大変なことです。(1000万稼いでいませんが・・・)

でもパチンコ・スロットでがんばって1000万勝ちたいなんて1ミリも思いません。

社会的な信用がないからね。

これ以上は書きませんが、ギャンブルを続けてもいいことはありません。

この話しが理解できれば、ちょっとした勝ち組にもなれるし、ギャンブルと上手に付き合えます。
最終的にギャンブルを真っ先に辞めていくのは、勝ち組です。

まとめ

勝ち方や大事なことの優先順位が明確になってくると、ギャンブル依存症を克服できると思います。

ギャンブルなんて絶対に止めてた方がいいです。目先の金を追っている間は、破滅するだけです。これから始めようなんて思っている人は絶対に止めてください。

1回行って変に勝ってしまうとハマる可能性があります。

お金も無駄ですが、何よりも時間が無駄です。

時間はかえってきません。

人生は一度しかありません。ギャンブルで無駄な時間を過ごさないでください。

もし人生で一つやり直せるというなら、私ならパチンコをしない人生を選びます。

パチンコ業界はこれから大殺界に入ります。本当にパチンコは潮時だと思います。

それでも辞めれない人は、願ってください!

「パチンコ屋さん、この世からすべて消えてください」とね

保存

保存