タイトル上




リノベーションをするにあたって知っておきたいお金のこと~材料・仕入れ編

2015_0903

「リノベーションをするにあたって知っておきたいお金のこと」も第3段です。

過去の記事

中間マージン編

デザイナー&設計士編

今回は、材料や仕入れについて書こうと思います。

リノベーションをするにあたり、業者や設計事務所への支払いだけではない。

キッチンやお風呂など新品にするなら購入する費用が必要になる。

キッチンやお風呂なんて、びっくりするくらい高いからね。

びびるよ。

大体システムキッチンなら100万前後(食洗浄器付)

お風呂も100万前後(浴室乾燥・追い炊き付)

あれもこれもびっくりするくらい高い。

オレなんてスケルトンにしたから全部買わなあかんからね。

壁も、クロスも、トイレも、洗面も・・・

もーーじぇーーーんぶ。

頭痛いわ。

そこでこれらを安く済ます方法を教えよう。

スポンサーリンク

材料・仕入れを安くする方法

まず設計事務所などを通してリノベーションしている人は、商品代でもかなり抜かれていると思う。

会社にもよると思うが、オレが頼んでいる職人は最新のものでも大体定価の60%で仕入れができると言っていた。

100万のシステムキッチンでも60万くらい。

それを右から左に流す訳にはいかないから多少は金額を乗せてくる。

オレの場合なら65万だとしよう。

この差額5万が職人の取り分である。その5万で設置や雑務をする訳だ。

良心的である。

設計事務所などを通して買う場合、60万で仕入れて80万で売っているだろう。

「お客様、うちで買えば定価の80%で仕入れれますよ」

「安いな」って思う、そこの君!

安くないからね。

大きな会社ならもっと安く仕入れているかもしれんから、定価100万のものなら、かなり抜かれている可能性が高い。

だからって、おたく商品で儲け過ぎやろ?とは言えないと思うし、実際いくらで仕入れてるかなんて分からない。

そこはもう暗黙の世界。

だがしかし、業者を叩けないなら自分で仕入れればいいだけである。

ちょっと検索するば、キッチンでも風呂でも安いものはいっぱいでてくる。

現行品は中々安く仕入れれないかもしれないが、昨年モデルなら安くでている。

ヤフオクなんか利用すれば、定価の8割引きくらいで購入できる。

あとは、これを設置してくれるかだ。

てか、設置してくれないような会社にリノベーションを頼んでいるならやめとけ。

あと、自分が購入したい商品が設置できるかは買う前に確認するように

届いてから設置できませんわ!って言われたら目もあてられへんからね。

こうすれば、仕入れは安くなる。

自分ですべて揃えることが出来れば、今の見積りの3割は確実に安くなるから、がんばって探してください。