タイトル上




淡路島で生しらす丼食べて遊ぶオススメの道の駅プラン

シルバーウイークも迫り、どこへ行こうか迷っている人におすすめ情報。

スポンサーリンク

淡路島で生しらす丼食べて帰るお手頃計画

まず淡路島に行くのが高いと思っていませんか?

明石海峡大橋渡るの高いよなー!って

高くないです。

ほんとちょっと前まではめっちゃ高かかったですが、今は安くなっています。

大体、本州から来る場合は、「垂水」からになり、淡路島の一つ目の出口が「淡路」です。

垂水~淡路間でなんと普通車900円(ETC搭載の場合)

軽自動車なら750円

細かい料金表はこちら

いけるでしょ。

淡路島が近く感じる~

生しらす丼が食べたいなら、明石海峡大橋を渡って淡路島に着いたら、一つ目のインターの「淡路」で降りてください。

観覧車がある。サービスエリアのとこです。

淡路インターを降りて、すぐのところに生しらす丼を食べれるところがあります。

それが、海洋館!道の駅あわじです。

電話 0799-72-0001
住所 淡路市岩屋1873-1
営業 9:00-17:00
定休日 年中無休
駐車場 82台(普通72台・大型10台)

景色もよく晴れた日に外でしらす丼や海鮮丼などを食べると気持ちいいです。

2015_915a

生しらす丼は、さすが!新鮮!!

850円でこのボリューム

2015_015b

結構な量の生しらすとお刺身がのっています。

また淡路島産の玉ねぎがたっぷり入った、甘くておいしい味噌汁が付いています。

できれば、玉ねぎのてんぷらも食べていただきたい。100円

これまた甘くてシャキシャキ!!

景色を見ながらご飯を食べて、芝生で寝ながら子どもを遊ばせておく。

もしくは釣りをする。

これだけで、すべてOK!後は夕方になれば夕日を見ながら橋を渡り帰る。

すばらしい計画である。

もちろん淡路島で生しらす丼を食べれるところはいっぱいあります。

詳しく知りたい方は「淡路島の生しらす」を参考にしてみてください。

生しらす丼以外に淡路島のたこの姿焼を堪能したい方は続きを・・・

といっても内容は濃くないのであしからず

淡路インターで降りた場合、淡路島の南側までいかない場合は、高速は使わなくていいと思います。

下道(28号線)は、海沿いで信号も少なく、洲本くらいまでなら下道も高速も一緒くらいの時間でいけます。

その28号線沿いに「道の駅 東浦ターミナルパーク」があります。

道の駅あわじから車で15分もあれば着くと思います。

結構大きなところで、シンボル的な塔が2つあり橋がかかっています。陶芸体験や猫の墨絵だけ展示した美術館がなどがあり、駐車スペースはなんと360台。周辺には、海水浴場、パターゴルフ、文化ホールなどあり結構遊べるスポットです。

そんな道の駅 東浦ターミナルパークでオススメなのが、たこの姿焼です。

たこせんべいとはちょっと違うと思います。

淡路島で捕れた新鮮なたこを丸々1匹、豪快に鉄板に置いてプレスします。

これが最高です。

ビールがすすむすすむ進む君。

2015_0915c

個人的には、しらす丼よりたこ姿焼派です。

鉄板でプレスして、カリカリにしている訳ではありません。

たこの食感はばりばり残っています。

出来れば、淡路島に行ったら食べて欲しい一品です。