【有力情報?】有馬記念を予想!キタサンブラックを買えば当たる4つの理由

16_1130b

写真:ウィキペディアより

 

先に言っておくが、オレはキタサンブラックは好きな馬ではない!

だからと言ってアンチな訳でもない!

 

ただ今後の競馬、特に有馬記念を考えると外せない一頭であるということは間違いない。

そのキタサンブラックは、2016年の締めくくりに『有馬記念』に出走する。

 

有馬記念でキタサンブラックは絶対に馬券から外せない一頭になる。

むしろ、勝ち馬になる可能性もバンバンにある!!

 

バンバン!

しかも1枠1番!

 

そこで有馬記念でキタサンブラックが勝ち馬になる理由を考えてみました。

スポンサーリンク

出走馬から考える

めぼしい出走馬は、ゴールドアクター、サトノダイヤモンド、マリアライト、サウンズオブアース、ミッキークイーン、シュヴァルグランといったところですかね。

 

さすが有馬記念といったメンツですね。

 

だがキタサンブラックは、このほとんどに勝っています。

今年(2016年)で負けたのは、大阪杯(GII)でアンビシャスに負けて2着、宝塚記念ではマリアライト、ドゥラメンテに負けて3着の2回だけ。

 

ちなみに勝ち馬になった今年のレースは、天皇賞春(GI)、京都大賞典 (GII)、ジャパンカップ(GI)

オレ
有馬記念に出走する馬との相性だけで考えれば、負ける理由がないように思えます。

騎手から考える

今年(2016年)に限っては、すべて武豊騎手が騎乗しています。

武豊騎手については、もはやレジェンドなので説明は省きます。

そして成績も優秀です。

ジャパンカップ(GI) 1着

京都大賞典(GII) 1着

宝塚記念(GI) 3着

天皇賞春(GI) 1着

大阪杯(GII) 2着

オレ
今年は1度も馬券から外れたことがないですね。

競馬場から考える

有馬記念は中山競馬場(千葉県船橋市)でおこなわれます。

 

今年は、キタサンブラックはここまで1回も中山でレースをしていません。

直近では、去年の有馬記念で中山を走っています。

てことは1年ぶりです。

 

ちなみに去年の有馬記念は3着ですが、3歳だったので上出来ではないでしょうか!?

 

その他には、スプリングステークス(GII)芝1800で1着、皐月賞(GI)芝2000 で3着、セントライト記念(GII)芝2200で1着となっているので、中山のコースを苦にしていない印象です。

ちなみに中山のコースは、コース全体の高低差が5.3mと極めて大きく、ゴール前の急坂(上り)が待ち構える難所です。

関連 中山競馬場のコース紹介

オレ
ゴール直前の坂は試練ですが、どの馬も条件は一緒!

距離から考える

有馬記念は芝2500mの内回りです。

 

距離に関して言えば、まったく問題ないと思います。

1800、2000、2200、2400、3000、3200で勝ち馬になっています。

 

特に直近のジャパンカップ、京都大賞典(両方2400m)で勝ち馬になっているのは好材料かと・・・

オレ
キタサンブラックの逃げがさく裂するか、差す馬がいるのか・・・

まとめ

ジャパンカップを勝って、かなりアンチもこの馬を認めたのではないでしょうか!?

そうなると有馬はジャパンカップ以上に人気しそうですね。

当然、他の騎手からのマークも厳しくなるので、難しくなるかもしれませんが、現時点では、一番有馬の頂点に近いと思っています。

 

ひとつ言えることは、昨年の同馬ではないと言うことです。成長分や騎手も含めて丸っきり別!適正だとか展開だとか関係ないレベルかも知れませんね。

そう言っても、競馬は走ってみないと・・・なんで、絶対などありませんね。

 

とりあえずアンチも、あんま競馬しないけど有馬だけは買うって人もみんな、キタサンブラックに賭けてみてはいかがでしょうか!?

オレ
「終わりよければすべてよし」です。懐が温かい年末年始をお迎えください。

おまけ:あなたのレースの展開予想

投稿してくれたらうれしいです。

随時、公開していきます。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

投稿を紹介

[1_ニックネーム]  トシ
[2_あなたの勝ち馬予想]  キタサンブラック
[3_レースの展開]
[4_あなたの購入予定の馬券]

ギャンブル
スポンサーリンク
この記事を書いた人
はるびん

大阪市在住のアラフォー既婚男。嫁1子2
家族を養い、そして少しでも楽しい人生が送れるよう、ブログを通して所得倍増計画を実施中
お金のことや子育て、生活の知恵などについてブログを更新しています。
ちなみに自称プロブロガーです。
詳しいプロフィールはこちら

何かご意見あればお気軽に!
お問合せ

はるびんをフォローする
関連記事



33才から人生を変える男の物語

コメント