暖房器具3種を比較 | ガスファンヒーターと石油ファンヒーターとエアコンでおすすめはどれ?

スポンサーリンク

寒くなってきましたね。

寒くなってくると必要になるのが暖房器具。

 

ガスファンヒーターと石油ファンヒーター、エアコン、こたつと一通り使ったことがあるので、どれが一番おススメなのか教えします!

スポンサーリンク

結論から言うと・・・

石油ファンヒーターが、おススメです。

何故か?って

 

オレ
温かくて維持費が安いからです!

ただしデメリットもあるので、その理由も合わせて検討してみてください。

石油ファンヒーターを使った感想

コストについて

15畳くらいのLDKで使用していました。

平日は、朝3時間・夜6時間くらい使用

土日は、10時間くらい使用

 

これで大体ポリタンク1本(18リットル)で一週間持ちます。

18Lでだいたい1300円前後です。

1ヶ月に4、5回給油したとすると大体5,000~6500円前後です。

温かさ・性能について

石油ファンヒーターは、点けてから大体30秒ほどで温かい風がでてきます。

 

15畳くらいのLDKなら10分もすれば、それなりに温かくなってきます。

後は設定温度に部屋を保ってくれます。

石油ファンヒーターの欠点

灯油をガソリンスタンドまで入れに行かないといけない。

真冬だと週に18Lのタンク一個消費するので、1タンクしかない場合、毎週補充する必要があります。

 

また子どもが小さいと、ひっくり返す恐れがあります。

ただ最近の石油ファンヒーターは、性能がいいので少し傾いたり、揺らしたりするとすぐに停止しますので、ご安心ください。

 

あとは、点火時と停止時に部屋が少し石油臭くなります。部屋の換気も2時間に1回くらいはした方がいいです。

 

それとマンションは基本的に石油ファンヒーターは禁止だと思います。

まぁ結構使っている世帯多いですがねw

ガスファンヒーターを使った感想

コストについて

上記と同じ条件で1ヶ月のガス代が3万越えでした。

 

キッチンやお風呂だけなら1万円くらいでしたが、ガスファンヒーターのおかげで、2万円以上も出費が増えました。

 

オレ
まじありえへんレベルです。

ただ灯油を買いに行ったり、補充したりする手間がないことがガスファンヒーターのメリットです。

温かさ・性能について

ガスファンヒーターは点けたら3秒で温かい風がでてききます。

15畳くらいのLDKなら10分もすれば、それなりに温かくなってきます。

後は設定温度に部屋を保ってくれます。

 

またガスは燃焼すると水蒸気になるので、部屋を換気しなくてもOKです。

 

こちらも転倒した場合が怖いですが、石油ファンヒーター同様、少し傾いたり、揺らしたりするとすぐに停止しますので、ご安心ください。

ガスファンヒーターの欠点

とにかくランニングコストが高いです。

最近の家では部屋にガス栓がない場合がありますので、その場合は工事が必要になります。

その他の暖房器具について

電気ファンヒーター

暖房面を重視するなら問題外です。

部屋が暖かくなるまでに時間が掛かるので、エアコンとの併用がおススメです。

こたつ

コストパフォーマンスは一番です。

なんたって電気代が安いです。

 

ただし下半身しか温かくないので、部屋が寒いと背中が冷えます。

他の暖房器具と併用すればいいのですが、コストを抑えるならちゃんちゃんこを着るのがベストです。

我が家では石油ファンヒーターを利用

これまじオススメです。

メイン記事子育て
スポンサーリンク
この記事を書いた人
はるびん

大阪市在住のアラフォー既婚男
リーマンブロガー
6才と3才(両方オス)のやんちゃなガキの無能ぱぱです。
ちょっと楽しい人生が送れるよう、ブログを通して所得倍増計画を実行しています。
お金のことや子育て、生活の知恵などについてブログを更新しています。
詳しいプロフィールはこちら

何かご意見があってもお問い合わせはなるべくしないでくださいw
夜露死苦!
お問い合わせ

はるびんをフォローする
関連記事



33才から人生を変える男の物語

コメント

タイトルとURLをコピーしました