本当にダイソンの掃除機でいいの?多くの人が日本製のマキタを選んでいます!使った感想、選ぶポイント等

スポンサーリンク

掃除機がつぶれそうなので買い換えたのですが、数ある掃除機の中から『マキタ』を選びました。

その理由と使ってみた感想、おすすめ理由をまとめました。

オレ
どの掃除機を買うか迷われている方は、参考にしてみてください。
スポンサーリンク

掃除機を買うにあたって何を重視したか

まず嫁さんの意見を聞いみました。

掃除機を一番使っているのは、やはり妻ですからねw

オレ
いつもありがとうございます。

嫁さんの意見

1.コードレスがいい

掃除しているときにコードが邪魔。部屋を移るたびにコードを抜いたり、刺したりするのがめんどくさいとのこと。無理に引っ張ると差し込み口がウニョってなる。

 

2.軽いのがいい

掃除って結構な重労働なので、数分の掃除でも疲れるし、汗かくらしいw

 

3.すぐに使えること

1の意見の延長ですが、電源を入れたらすぐに使えると便利みたいです。

子どもがお菓子ぶちまけてもサッとひと吸いみたいな

 

ざっと、こんなところです。

世の奥様方も同じような意見だと思いますw

 

これ聞いただけで、もうコードレスタイプの一択ですね。まずコードありのタイプの掃除機は除外しました。

コードレスタイプの掃除機といえば・・・

コードレスタイプの掃除機って言っても、各メーカーから豊富に出ています。

 

誰でもすぐに思いつくやつだと、やはりダイソンでしょうかね!?

 

とりあえず私はダイソン以外の掃除機が思いつかなかったので、まずはどんなコードレス掃除機があるのか、店頭にいったりして調査しました。

店頭に行って思ったことは、掃除機はほぼコードレス・サイクロンみたいですね。

コードレス掃除機のコーナーをどの店も結構広くとっているし、商品も豊富です。

ダイソンはもちろん、シャープや東芝、日立など各メーカーがありました。

 

ですが、はっきり言ってさっぱりプーですw

どれもよく見えるし、機能も色々あるようです。

 

パッと見てわかる違いといえば、金額くらいですw

10万を超えるタイプもあれば、1万円くらいのものもあります。

店頭では選べないのでネットから検討

結局何がいいのか分からないので、価格.comの売れ筋から検討してみることにしました。

 

オレ
ダイソンばっかりですやん!

コードレス掃除機はダイソンの一強みたいな感じになっていますね。

ダイソンってどんなもんや?

価格comで調べて1位だったダイソンでもいいかなと思ったのですが、とりあえずダイソンを調べてみました。

【ダイソンの特徴】

 

・イギリスのメーカー
・サイクロン式の掃除機を世界で初めて開発・製造
・紙パックがいらない
・国内メーカーに比べると高い
・コードレスのデメリットである稼働時間の短さや吸引力の低さを改善
・バリエーションが豊富
・付け替えできるヘッドの種類が豊富

特徴はこんなところです。

確かに世の中に登場した当初であれば、画期的で魅力的だったかも知れませんが、ダイソンの名を聞くようになって、もう何年経ちますか?

 

こんな特徴は今や日本のメーカーも取り入れています。

 

ただ私が思うに、掃除機ってダイソンか、ルンバくらいしかCMしていないですよね!?

CM戦略で日本のメーカーは完全に負けてしまっており、「掃除機=ダイソン」のイメージが定着してしまっているように感じます。

スポンサーリンク

ダイソンの欠点・マイナスの口コミ

いい評価の方が、もちろん多いですが、商品を購入する際に確認しておかなければならないのは、悪い評価です。

そこで、ダイソンの欠点や悪い評価をまとめました。

・重くて長時間は使えない
・パイプが長く扱いづらい
・意外と吸引力が大したことない
・稼働音がうるさい
・バッテリーもちが悪い
・トリガー式のスイッチは疲れる
・排気が顔や身体に当たる
・ゴミ捨てがしづらい
・掃除機内部の臭いが取れにくい
・髪の毛やゴミを巻き込みやすい
・モーターヘッドでは狭い場所や壁際は掃除しづらい
・必要なアタッチメントだけを選べない
・壁に穴を開けるか別途スタンドが必要
・布団圧縮袋が使えない

 

デメリットについては下記のサイトを参考にしております
https://www.rentio.jp/matome/2019/06/dyson-reiew-demerit/

 

この欠点読んだら、まったく魅力的ではなくなってしまいました。

なんていうか、

オレ
「名前とデザイン」だけやん

 

そこでダイソン以外にも調べてみたところ、「マキタ」というメーカーが気になりました。

マキタってなんぞや?

個人的には「マキタ=業務用」というイメージでした。

そのマキタが価格comの掃除機ランキングの4位にランクしているではありませんか!?

 

どうせ業務用で売れてんねんやろと思ったのですが、調べるとそうではなく、結構家庭用でも売れていることを知りました。

株式会社マキタとは電動工具の国内最大手で日本国内シェアは約60%を占めています。日本国外での製造販売に力を入れていて、ブランドネームは世界でも有名。世界の電動工具市場シェアは約25%を占め、世界2位のシェアを誇るなど電動工具の世界的企業です。

こんなすごい会社がだしている掃除機に間違いはないでしょ!?

イギリスのダイソンがなんやねん!やっぱメイドインジャパンや!!!!!

オレ
すいません。愛国心が強くてw

 

で、このダイソンが出している掃除機ってどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

ダイソンを比較してマキタをオススメする理由

先ほど挙げた、ダイソンのマイナス評価から実際に使用しているので比べてみました。

ちなみにマキタは、バリバリのサイクロン掃除機ではありません。

 

重量を比べて

マキタの掃除機はダイソンより軽いです。

売れ筋1位ダイソンのv7で2.2kgあります。

しかし、売れ筋4位のマキタのモデルならバッテリー込みの重さでも1.1kgという驚きの軽さです。

上位モデルのCL282FDFCWでも1.5kgです。

パイプの長さを比べて

ダイソンに比べ、マキタはすべてのモデルのパイプが短く、長さが気になることはありません。

日本人の身長にぴったりです。

吸引力について

実際に私はダイソンを使ったことがないので、何とも言えませんが、マキタの10vクラスは大した吸引力ではないです。

ですが、18vクラスの紙パック式は文句なしです。

稼働音について

マキタもうるさいです。バッテリーを充電している音もうるさいです。

というか、掃除機はどれもうるさいと思いますw

バッテリーもちはどうなのか

ダイソンのバッテリー

連続稼働時間は、シリーズによって異なるみたいですが30分~60分くらいです。
パワフルモードで使用すると、もっと短くなってしまうようです。
残念ながら、現在のところ公式には予備バッテリーの用意はないようです。
V10・V11シリーズはバッテリー持ちが比較的いいようです。

 

マキタのバッテリー

18v型の3アンペアで充電時間は20分くらいです。
フル充電で1週間くらい持ちます。(使用モードによる)

ただバッテリーを充電している音が結構あります。

スイッチについて

マキタはトリガー式ではありません。ボタン式です。一度ボタン押せば、ずっど吸い続けます。

排気が顔や身体に当たるのか

当たりません。

以上

ゴミ捨てはどうか

私は紙パック式にサイクロンを搭載しています。

かれこれ4か月くらい使っていますが、未だに紙パックを交換していません。

紙パックがいっぱいになれば、従来の掃除機同様交換すれば済みます。

ちなみに紙パック式でない方のダストパック式のマキタは個人的にはおすすめしません。

吸いが悪いのと、手入れがめんどくさいです。

掃除機内部の臭いについて

ゴミパック式を利用しているので、匂いが気になったことはありません。

もし気になっても、ゴミパックを変えれば解消されます。

髪の毛やゴミを巻き込みやすいのか

ダストパック式だとマキタも手入れが大変かもしれませんが、紙パック式だとゴミを吸収している部分にそんな心配はありません。

またノズルにローラーがないため、髪の毛なんてひっかかりません。

狭い場所や壁際は掃除しづらいのか

これは同じです。マキタもヘッドは交換し、掃除個所に合わせて使い分けます。

ただマキタの方がヘッドはコンパクトです。

必要なアタッチメントだけを選べないのか

必要そうなアタッチメントだけが付属しています。

またマキタは百均で売っている汎用ブラシが使えたりします。

収納について

充電器を床や棚に置き、バッテリーだけを充電するので、ダイソンみたいに壁に穴をあけたり、別途でスタンドを用意する必要はありません。

スタンドはマキタもあったほうが便利かもしれませんが、押し入れに直せばおわりです。

布団圧縮袋が使えないのか

まだその時期じゃないので試していません。すみません。

私がマキタの掃除機を選んだ理由

上記の比較は、マキタを使っている個人的な感想も含まれており、ダイソンを使ったことがないので、間違った解釈をしているかもしれません。

 

それでも、掃除機を購入する前に、マキタとダイソンを比べて、なんでマキタにしたか・・・

決定的な理由は下記になります。

丈夫・壊れにくい

マキタの掃除機は、もともとは業務用です。

現場のおっちゃんが乱雑に扱っても壊れない丈夫さがあります。それに外の環境で使っても壊れません。

掃除機なんてものは、そんな頻繁壊れてもらっては困ります。できれば長く使えるものがいいと思いました。

値段

ダイソンとマキタで価格差は大体3倍くらいあります。

マキタは高いモデルでも3万円台。

ダイソンは安いモデルでも3万円台。(割引入れて)

まぁ単純に掃除機にそこまで費用を掛けたくないのも理由です。

交換できる

一番の理由はこれです。『交換できる』

保証期間の話ではないですよ。

大体掃除機なんて余程のことがない限り、保証期間内に壊れたりしません。

 

ちなみにマキタは1年保証で、ダイソンは2年保証です。

マキタの方が短いですが、先ほども書いたように保証期間内に壊れることはあんまりないです。

 

ダイソンは2年保証でその先は有料保証です。当然、マキタも保証期間外は有料です。

ですが、ダイソンの場合、メーカーへ連絡して海外から部品取り寄せて、どうたらこうたらして、修理までに時間も掛かかり、めんどくさいように感じます。(amazonでも買えますが純正品は高い)

しかも少し古くなれば、廃盤で交換できないとか言いそうじゃないですか!?

部品交換できなくなる期限家電メーカーのコードレス掃除機は、モデルチェンジをした翌年から数えて6年経つと補修部品が無くなります。サポートが完全になくなります。

 

ですが、マキタは違います。

マキタは他の電動工具用バッテリーと共用できるため、モデルチェンジしてもバッテリーの供給がなくなることはありません。

またパーツも部位単位で購入できます。

 

ということは、壊れたところだけ買い換えれば済みます。10年後でも・・・

バッテリーが悪くなれば、バッテリーだけ

ノズルが壊れたなら、ノズルだけ・・・という具合です。

 

また互換品・代用品などがamazonや百均でも豊富にでています。

業務用なのでコーナン行けば買えますw

 

これらの理由から、本当に長いこと使える掃除機だと思い、私はマキタを購入しました。

メイン記事
スポンサーリンク
この記事を書いた人
はるびん

大阪市在住のアラフォー既婚男。嫁1子2
家族を養い、そして少しでも楽しい人生が送れるよう、ブログを通して所得倍増計画を実施中
お金のことや子育て、生活の知恵などについてブログを更新しています。
ちなみに自称プロブロガーです。
詳しいプロフィールはこちら

何かご意見あればお気軽に!
お問合せ

はるびんをフォローする
関連記事



33才から人生を変える男の物語

コメント