タイトル上




大阪都構想は反対多数で大阪市存続

2015_0518

オレは大阪人だ!
自慢ではないが、大阪を愛している。
何がそんなに良いかって言われてもないが、生まれ育った町なのでオレは大阪に親しみを感じている。

スポンサーリンク

大阪都構想の賛否を問う住民投票

その大阪が5月17日に大阪都構想の賛否を問う住民投票をおこなった。

もちろんオレも嫁と投票にいった。

で、結果はもうご存知の通り、反対多数で都構想はオジャンである。

賛成派のオレからすれば、かなり残念である。
オレは今日の午前中なんか納得いなくて仕事が手につかなかった。

理由は、僅差で負けとその内容にだ。

約1万票。
されど1万票。

これが圧倒的大差なら納得もいくが、僅差すぎるだけに悔やまれる。

投票結果を世代別に見ると、70代以上だけが唯一反対多数であった。
他の世代は拮抗しているが、賛成の方が多かった。

どうゆーことやねん。
これでいいんか。

これからの大阪は若者がつくっていくんだぜ。

それをじいとばあに阻止された。
後何年生きるんですか?

あと50年生きるならいいが、そうじゃないだろ!?

確かに若年層の投票率が少なかったのは問題ではあるが・・・
だからって・・・
でもなー、なんかなー

ほんまに今回の投票もそうだが、選挙に関してもネットでも投票できるようにして欲しいものだ。
こんなにスマホも普及し、アプリなどで管理・投票することも難しくないはずだ。

そうすれば投票率は格段に上がるはずだ。

また小学校や中学校などの場所だけではなく、ミナミやキタの若者が集まるような施設などにも投票所を設置してほしいものである。

これらは弊害があって難しいことなのかも知れないが、是非導入して欲しいものだ。

さて、この都構想案はこのまま本当になくなってしまうのだろうか!?
橋本氏は政界を引退するらしいが、この人の後に先導できるような人材は現れるのだろうか!?
賛成がこんなに多かった都構想案。
鉄は熱いうちに叩けば、逆転は可能だと思うのはオレだけなのか。

このままでは大阪市は夕張市みたいになるのではないか。
この借金都市大阪。
徳川幕府のように誰かが壊さないと変わらない。

いつまで経っても大阪は日本第2の都市である。
いや、むしろこれを機に他府県に負けてしまえばいい。

最後に

反対した新しい時代を造る老人の先輩方には是非、がんばって欲しいものだ。
現状維持とかまじ勘弁してや。

そして投票に行かなかった若者は、先輩方に是非手を貸してやれよ。
そして絶望してくれ!