リノベーション・リフォームで良い業者を見分けるポイント

リノベーションやリフォームをする会社っていっぱいありますよね。

一時は悪徳リフォーム会社が増発してなんて騒がれていた時代もありましたが最近はどうなんでしょうね。

スポンサーリンク

悪徳リフォーム店の手口と傾向

いきなり向うから営業をかけてきます。

ピンポーン、ピンポーン

2015_1030a

「お宅の壁、ひび割れしてまっせ。早く塗り替えないとダメになりますよー」とか

「○○の代理店で地域担当で周ってますー」とか

「意味分からんキャンペーンやってます」とか

で、営業マンが若くて口がうまく、不安をあおってくるケース。

それでやたら契約を急がせ、相見積もりをとらせないようにしてくるようであれば、かなりあやしいです。

 

最近は減ったみたいですが、このような体験をされた場合、まず即決をしない。

適当に知り合いの業者に一度聞いてみますって感じで逃げてください。

相手も値下げしたり、甘い言葉で惑わしてくると思いますが、ガン無視で!

良い会社の定義

例えば大阪府内に住んでいるなら、大阪府に本社がある業者を選ぶべきではないでしょう。か!?もっと言うなら市内や近所の業者を中心に選定した方がいいと思います。

 

近い方が何かあった時にすぐに動いてもらいやすいですし、評判も耳に入ってきます。
会社の大きさは関係ないと思います。それよりその地域で長くやっていることの方が大事です。地元なら自分が小さい頃からある会社とかは分かんるんじゃないでしょうか。

 

長く仕事ができるってことは、それだけ信頼されていたり、良い仕事をしてきたということです。

 

適当な仕事してて続く世界ではありません。お客さんからの信頼、業者間での信頼、色んな信頼があるからこそ、その地域で長くやっていけるのです。小さい会社の方が腕がいい職人がいるケースも多いです。社長は職人気質で経営はさっぱりみたいなー
次に重要なポイントはお客様の目線であること

リフォーム・リノベーションって言っても単価が分からない世界。

どうしても高そうってイメージ。分からないことばかりですよね。

そんな素人相手に細かく丁寧に説明してくれ、見積りが明瞭であれば間違いないです。

 

最後に、一番大きなポイントはちゃんと要望に答えてくれることです。
契約前に無茶な要望をしてみてください。
その時の対応や回答で、ちゃんとしているかどうか分かります。

「この予算で風呂にジャグジーつけてや」

無理って分かってますよ。でも真剣に予算に合いそうな品物を見つけてくれたり、他の工事をこうすれば予算が出るのでジャグジーに回せますよーとか、色々提案してくれたりする業者がいいですね。

そんな無茶な要望にもちゃんと答えてくれる業者は、依頼した後もきちんとやってくれる傾向が高いと思います。
最後に、契約前に会社で打合せをすることをおすすめします。
自分には丁寧に話してくれているが、社内のスタッフにはかなり強い口調で話していたり、偉そうだったりと・・・
なんかこんな見ると気持ちよくないですよね。
自分への対応がうわべに感じてしまいます。

 

これらを踏まえて後悔しないように業者を選定してくださいね。

家を購入
スポンサーリンク
この記事を書いた人
はるびん

大阪市在住のアラフォー既婚男。嫁1子2
家族を養い、そして少しでも楽しい人生が送れるよう、ブログを通して所得倍増計画を実施中
お金のことや子育て、生活の知恵などについてブログを更新しています。
ちなみに自称プロブロガーです。
詳しいプロフィールはこちら

何かご意見あればお気軽に!
お問合せ

はるびんをフォローする
関連記事



33才から人生を変える男の物語

コメント