タイトル上




【稼働日記】麻雀物語で天井

majan3

いつもLINEがくる。「お母さんとご飯行くから・・・」

パゲが。マザコンかお前は

でもいいんです。スロットが打てるんです。

ということで、仕事終わりにスロットへ

ミリオンゴッド神々の凱旋が導入にされ間もないのか、いつも以上にいっぱい。

またこの時間は、サラリーマンでいっぱいである。すなわちハイエナゴールデンタイムである。

そんな中、見つけたのが麻雀物語3の886回辞めの台。なかなかである。

打とうではありませんか。

スポンサーリンク

麻雀物語3の実践

初打ちである。はっきり言って何も知らないので、まずは検索検索。天井1500G、純増2.9枚、1Kあたり47回。ほうほうほうほう

打てば分かるさってことで打ち出す。

途中1回麻雀チャレンジに一回入るが、スルーし見事天井。天井の恩恵はないとのこと。クソが

初期は250枚スタート。と思いきやパイ子があらわれる。よくわからない。そしてスルー。

これあかんパターンね。負けパターン。

途中100枚と50枚の上乗せがあったが、その他は何事もなく終了。

終了直後に引いた、強スイカで引き戻すが110枚駆け抜けて乙。

250枚負け。時間もないのでフィニッシュですわ。

麻雀物語3を打った感想

別に嫌いではないけど、つまらん。

てかこの仕様はあかん。1k47回でも天井1500で恩恵なしなら、意味が無い。時間無駄にひっぱられる。「遊べる」仕様ってみたいやけど、意味ちゃうやろ!?うん?

何もなくただ回すだけ、子役コンボみたいなのがあるけど、ひっぱりすぎ。これは遊びではない。ただの無駄。

そわそわ。どきどき。アツサの違いは何ですか。

47回まわせる=遊べる。開発者は大馬鹿である。これでは先が思いやられる。5号機の先に未来はないな。乙

天井が1000なら遊べる台やと思うけどなー。機会割あがってまうか!?

もう よーわかりまへんわ